Gallery 静かなる空間

yamagon.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 01日

ドローイング〝羽をもった生命体〟2009

d0175966_0214654.jpg




日本人は古来から虫の音や滝の音などを雑音と聞かず
涼しさや心に響く音と聞く感性を持ち合わせている。
花や月などを愛でる心もそうであるし、暑さや寒さも
楽しみながら過ごす知恵を持っている。
これは物事の幅や奥行きを数値や白黒で判断する合理
的な感じ方ではなく、むしろ微妙なルーズ差を楽しむ
ことのできる五感をもった体質ではないだろうか。
現在ではアイマイさは優柔不断でハッキリしない悪い
こととされている。微妙で細やかなコトまでも理解で
きる人々は、むしろ多くを語って説明しなくても判り
あえる高次元の感性を造り上げて来ていたに違いない。
アイマイさの文化と言える。
グローバルな世界観で良しとしていることは、日本と
云う風土の中で造り上げられた高度な五感を鈍くして
いるのではないだろうか・・?

2007.8.2 作文




[PR]

by 81yamagon | 2010-08-01 23:26 | 作品 2009年


<< オブジェ〝智の喪失05〟201...      ドローイング〝想像獣〟2010 >>